海外旅行お役立ちガイド

海外旅行初心者の為のお役立ちガイド。実際の旅行者が経験した旅行先の事情、海外旅行時の注意点、旅行記などをご紹介。

現地の言葉を少しでも話せると海外旅行がもっと楽しくなる

time 2016/05/11

現地の言葉を少しでも話せると海外旅行がもっと楽しくなる

旅先で人と話をしよう

パッケージ旅行でも個人旅行でも必ず自由時間はありますよね。
ちょっと休憩をしたいなと思っていても慣れない場所だから簡単にペットボトルや缶の飲み物で済ませようなんて思わずに、例えばカフェで飲み物とスイーツをオーダーしてみましょう。

店内の黒板や張り出してあるメニューを指さしたり、飲み物のサイズ確認しながらオーダーをするのは楽しいですよ。

周りを見回してほかの人が食べているものからその土地で有名な良く食べられている料理をオーダーするのも旅ならではの楽しみだと思います。より深くその都市を知ることが出来るのではないでしょうか。

少し言葉を覚えていこう

ごく一部の国と地域を除いて、海外のほとんどの国では日本語は通じません。
そうなるとほとんどの人は英語で会話をしようとしますよね。でも英語圏以外の国々を訪れるのならその国の言葉を少し覚えておくと旅がもっと楽しいものになります。

例えばフランスに旅行に行くとなった時、「ボンジュール」「メルシー」なんていう簡単な挨拶を覚えておくと印象も良くなりホテルやお店でのやり取りもお互いに笑顔で出来ます。

カフェで休憩をしてみたいなと思っているのなら、オーダーをしてみたい「クロワッサン」「カフェオレ」などのいくつかの単語のスペルと読み方も練習しておくとお店でスムーズに使え、有意義な時間をカフェで過ごせますね。

マーケットもおすすめです

野菜や果物を販売している路上マーケットはちょっとしたおしゃべりをしやすい、おすすめの場所です。
目の前に商品が並べられているので質問もしやすいと思います。商品名や値段も提示されているのでそれを見ながら言葉を交わして、それが難しいのなら指さしでも買うことが出来ます。

その時に『お願いします』にあたる「シルブプレ」と一言付け加えるとお互いに気持ちがいいでしょう。
一盛り幾らで売られている、日本ではあまり見ないフランボワーズなどのベリー系などなら、友達と数人でそれをつまみながらマーケットを見て回るのも楽しい経験になると思います。
特に旅行中は野菜・果物不足になりがちなのでそれを解消するのにもちょうどいいのではないでしょうか。

down

コメントする