海外旅行お役立ちガイド

海外旅行初心者の為のお役立ちガイド。実際の旅行者が経験した旅行先の事情、海外旅行時の注意点、旅行記などをご紹介。

ネットで手配した航空チケットの誤算[体験談]

time 2016/05/28

ネットで手配した航空チケットの誤算[体験談]

始まりは、友達に頼まれて

タイへの格安チケットを探していた時、同じ時期にタイへ行く友達と格安航空チケットの話になったときでした。
パソコンを持っていない友達は、スマホで見つけてきた格安チケットの購入を頼んできました。

甘かった自分

教えてもらったサイトは日本語で表記してありました。
よくほかのページも確かめずに、チケットが完売しないようにと早速購入しました。

しかし!入金後、返信が来た文面は英語でした。そう、表向きは日本語で作っていたものの海外のサイトだったのです。
翻訳機能を使い、なんとかチケット会社からきた文面を読みましたが、出発空港やトランジット(この時は中国)がどこの空港からなのか「勘」でなんとかなるでしょうと甘い考えで当日をむかえました。

空港での衝撃的な発言

時間と航空会社は、わかっていたので空港で友達と待ち合わせをしチェックインをしました。
なぜか首を傾げる空港関係者。話によると
「取り敢えず今日の便には乗れるがこの私たちのチケットだと席に空きがないとトランジットで次の飛行機に乗れるか分からない」と言われたのでした。

中国にそれも夜について飛行機に乗れるかどうか分からないなんて、しかも行ってみなければ乗れるかどうかも分からないなんて。
まさに地獄でした。全て任せっきりだった友達はぶーぶー文句を言ってくるしまつ。(あたりまえですが)
チケット会社に連絡をしましたが、時差の関係と多分休日に当たっていて連絡すら取れず、あきらめて「チェックイン」をしました。
何とかなるでしょうとの甘い考えがふつふつとまだあったのでした。

中国に到着してから

トランジットの空港は、調べたところ3空港ありプリントした英語のチケットには、どこの空港かは日本ではわからずチケット片手にカタコトの英語で聞きまわりました。
無料のシャトルバスがあるはずなのに中国のインフォメーションの連中と多分グルでタクシー、タクシーと連呼するばかり。
あきらめてインフォメーションセンターから離れ空港職員らしき人にチケットを見せなんとかシャトルバスに乗ることができました。
乗ってみるとえらく遠い空港だったようでタクシーに乗っていくらぼられるかと思うとぞっとしました。
なぜか、あんなに日本で脅かされた「乗れないかも」は、無事何事もなくチェックインできました。
こうしてタイには、無事に着くことができました。

結末

帰りの飛行機が心配で色々と手をつくしましたが、最後は空港のカウンターへ直接直訴。
そのチケットは、大韓航空からまた別の航空会社に売られたものらしく飛行機の席は、確保はされていたのでした。
なので、心配することはなかったのでした。
あの時、日本で脅かされていなければチケットのことでこんなに大騒ぎをすることも無かったのでした。

down

コメントする