海外旅行お役立ちガイド

海外旅行初心者の為のお役立ちガイド。実際の旅行者が経験した旅行先の事情、海外旅行時の注意点、旅行記などをご紹介。

バンコクの乗り物を乗りこなすポイントと注意

time 2016/11/02

バンコクの乗り物を乗りこなすポイントと注意

タイのバンコク市は世界でも有数の観光地で、数々のお寺や観光名所・ショッピングセンター・マーケット・屋台街などが市内の至る所に点在しています。バンコク市の広さは1568キロ平方メートルにも及び、とても徒歩だけで観光できるレベルの広さではありません。そこで今回はバンコク観光に役立つ乗り物をご紹介いたします。

スワンナプーム国際空港からバンコク市内へはエアポートレールリンク(列車)の利用がオススメ!

まずバンコク市のスワンナプーム国際空港からバンコク市内への移動ですが、エアポートレールリンク(列車)の利用が断然便利です。

渋滞に引っかかるかもしれないタクシーを利用した場合、スムーズに行けたとして所要時間約30分、空港利用料金や高速料金を含めて約300バーツほどかかってしまいます。
しかしエアポートレールリンクを利用した場合渋滞は関係なく所要時間30分、運賃45バーツで済みます。しかも5:50~24:00まで約15分間隔で発着するので非常に便利です。

トゥクトゥクの利用はご用心

バンコク市内の移動と言えばトゥクトゥクのイメージが強いかもしれません。確かに旅の思い出には良いかもしれませんが、トゥクトゥクの利用にはいくつかの注意点があります。

まずトゥクトゥクにはタクシーと違ってメーターが付いていません。そのため利用する度に料金交渉しなければならず、しかも英語が通じないドライバーもいるのでストレスが溜まります。またトゥクトゥクには窓がないので、排気ガスが充満したバンコクを移動するのは体に良くもありません。

さらに悪質なドライバーにあたってしまうと、買うつもりのない土産物屋に連れていかれたり、強制的に観光案内をして法外な金額を請求されたりする場合もあります。

それに比べてメータータクシーは料金も初乗りが35バーツできっちりメーターが上がった分のみの請求しかされませんし、バンコク市内ほぼ全域で捕まえることができるので便利で安心です。

格安な路線バスは超お得!

移動費はとにかく節約したいという方には路線バスの利用がオススメ。

エアコンが付いてあったり無かったりと路線バスにもいくつか種類がありますが、だいたい約7バーツ~約30バーツほどで利用ができます。とにかくたくさん走っているので初めの内は混乱するかもしれませんが、バスマップなどを見ながらあちこち行ってみるのも面白いと思います。

万一知らない場所に行ってしまっても、メータータクシーを捕まえてホテルに戻ることができるので特に心配はいりません。

バンコクならではの乗り物は他にもあります

最後にあえて乗る必要もないかもしれませんが、運河乗り合いボートなどもあります。こちらの利用料は距離によって約10~約20バーツほどと安いので、旅の思い出に利用してみるのもいいかもしれませんね。

down

コメントする