海外旅行お役立ちガイド

海外旅行初心者の為のお役立ちガイド。実際の旅行者が経験した旅行先の事情、海外旅行時の注意点、旅行記などをご紹介。

マイルを使ってお得に旅行する方法

time 2016/11/15

マイルを使ってお得に旅行する方法

飛行機に乗る人はたいていどこかの航空会社のマイルをためていると思います。そのマイルを航空券に変えて海外旅行をする際によりお得に旅行する方法について書きたいと思います。

私が利用した中からデルタ航空のマイルを使用した例です。ただデルタ航空のアライアンスがスカイチームなので国内でのみの飛行機利用でマイルをためている方には難しいやり方です。

他国の空港に立ち寄る

成田空港から香港に旅行に行くときに普通はそのまま成田空港発、香港の香港国際空港着の往復の飛行機を予約すると思います。それがトランジットの途中降機がありというシステムを使うことによって香港と韓国に滞在することができるというものです。旅程としてはまず成田空港発、韓国仁川空港着、乗り継いで韓国から香港へ。香港で遊んだあと香港発韓国着。韓国で一日遊び翌日成田へ。

これを使うと香港までの往復マイルのみで韓国にも行けるということになります。もちろん往路で韓国で滞在して香港に行くことも可能です。トランジットとは普通は航空機で目的国に行く途中、給油その他のために一時他国の空港に立ち寄ることで、 乗客は空港外には出られず、空港外で宿泊する場合には一時的な通過査証(トランジットビザ)が発給されるというものなのですが、マイルでの特典航空券(通常の航空券でも可能なものもあります)の際には航空会社ごとの規約でトランジットビザなしで普通に入国することができる会社があるのです。こういった旅程を組むことでマイルの価値をあげるというとてもお得な使い方だと思います。

立ち寄りのデメリット

この方法のデメリットについても書いておきます。まず、行きに韓国で乗り継ぎをしなくてはなりません。ただただ空港で乗り継ぎ便を待つのは意外とめんどくさいです。また私は存分に時間を使いたいと思ったので最終日の香港は丸一日遊び、深夜に出発して韓国に朝着くスケジュールを組みました。つまり一日中遊んで機内で寝て早朝に韓国に着いてそのまま活動したのです。数時間の飛行時間の中で熟睡することはなかなか難しく、予想以上に疲れてくたくたでした。

また、早朝に韓国についてしまうためにホテルのチェックインの時間までお部屋に入ることができないので荷物をホテルに預けてそのまま出かけることになります。到着してまずホテルのお部屋で一息つくということはできません。お得だからと言ってあまりに無謀なスケジュールはやめておいた方がいいかもしれません。

down

コメントする