海外旅行お役立ちガイド

海外旅行初心者の為のお役立ちガイド。実際の旅行者が経験した旅行先の事情、海外旅行時の注意点、旅行記などをご紹介。

東南アジア弾丸グルメツアー!

time 2017/01/02

東南アジア弾丸グルメツアー!

おすすめマレーシア!

簡単に言えば、マレーシアってどんなところ

常夏の美しい国マレーシア!物価は安く、マレーシア人は皆、穏やかです。

一年を通して気候の変化がないので過ごしやすく、旅行にも移住にも今大人気、大注目の国です。

マレーシアまでは飛行機で片道約7時間半!深夜便がおすすめ!

マレーシアまでは飛行機で片道約7時間半。

時差は1時間しかありませんが、フライトはそこそこ時間がかかります。

そこでおすすめなのが深夜便です。

東京国際空港を深夜出発し、飛行機でしっかり睡眠を取っていただき、マレーシアクアラルンプールに早朝到着する便です。

朝7時頃現地空港に到着し、ホテルに荷物を預けて早速市内観光にいくこともできます。

おすすめコース「1日目ペナン島でニャニョ料理!」

ちょっと旅に変化球が欲しい方は、そのままクアラルンプールの空港でゆっくり朝ごはんを食べます。

そのあと、国内線に乗ってマレーシア第二の都市「ペナン島」に行くのもおすすめです。

ペナン島ってどんなところ

ペナン島は「島」ではなく半島のようなところです。

ジョージタウンの壁画アートで町おこしをしてからというもの町歩きがとっても楽しくなりました。

ビーチがあり、おしゃれなカフェがあり、美味しいものもいっぱいのペナン。

「ニョニャ料理」を満喫

食事は「ニョニャ料理」を満喫できます。

ニョニャというのは中華とマレーのいいとこ取りをした文化のこと。

ニョニャ料理は、甘すぎず、辛すぎず、ほどよい中華風エスニック料理です。

また、日本人の口にとっても合います。

おすすめコース「二日目エスニック料理!」

マレーシアは東南アジア一のグルメ王国です

他民族、多文化国家ですので、様々な文化の料理を楽しむことができるのです。

マレーシアの食文化は、大きく3つの種類に分けられます。

中華料理、マレー料理、インド料理、この3つの種類のというマレーシア代表料理はマレーシアに行ったら絶対に食べるべき「異文化」です。

二日目はクアラルンプールで美食三昧はいかがでしょう。

中華料理なら「肉骨茶(バクテー)」代表的な中華料理の一つ。

様々なスパイスと共に煮込んだ豚肉の鍋料理です。

中華料理店は中国語しか通じないところも多い。

しかし、私達は漢字が分かりから便利です。

メニューが読めなくても「バクテー」と叫べばだいたいちゃんと「バクテー」が出てきます。

マレー料理なら「ナシレマ」代表的なマレー料理の一つ

ココナッツミルクで炊いたご飯に鶏肉、きゅうり、ピーナツ、小魚フライがトッピングされております。

それにちょっぴり辛いサンバルソースをかけて食べます。

マレーシアでは、最も人気のあるご飯で、たいがいどこのレストランにもあります。

大型ショッピングモールには入っている「マダムクアン」などでは、屋台と違って東南アジア初めての人にも、安心して美味しく食べられます。

インド料理なら「バナナリーフ」代表的なインド料理の一つ

いわゆるカレーですが、バイキングのようなスタイルで、お皿で食べる一品料理という感じではありません。

カレーやご飯、具材を自分で選び、大きなバナナの葉っぱに乗せてそれを手で食べます。

とてもポピュラーなローカルフードすぎ、観光客はなかなか足を運ばないのですが絶品です。

最終日はショッピング!お土産買うならここ!

クアラルンプールのお土産スポットを二つご紹介。

2つのクアラルンプールのお土産スポットはとても近くにあるので行き来ができますよ!

セントラルマーケット

マレーシアの工芸品、民族衣装、エスニック雑貨などが勢ぞろい。

中華系のもの、インド系のもの、マレー系のもの、多文化国家ならではのカラフルな雑貨がたくさん売っています。

そのため、誰かのお土産も自分のお土産も大変便利に探すことができます。

もちろん値段はきちんと交渉してください。かなり値切れます。

ペーター・ホー

セントラルマーケットから歩いて2分。家族でやっているお店です。

同じエリア内にあるとてもおしゃれな雑貨屋&カフェレストラン。

ペーター・ホーの雑貨はすべてハンドメイドですが、とってもとってもキュートでカラフルなテキスタイルが特徴。

バッグやインテリア雑貨、食器、バッグ、アクセサリーなどハンドクラフトがすべて素晴らしいセンスのものばかり!

値段も安いです。そして中のカフェレストランのケーキが絶品!

ショッピングの後に是非ケーキをご堪能ください。

マレーシアだってことを忘れてしまいます。

down

コメントする