海外旅行お役立ちガイド

海外旅行初心者の為のお役立ちガイド。実際の旅行者が経験した旅行先の事情、海外旅行時の注意点、旅行記などをご紹介。

海外に行く時に知っておきたい意外なマナー

time 2016/03/26

海外に行く時に知っておきたい意外なマナー

海外旅行に行った時にマナーの違いを知っておくとスマートな日本人だと思ってもらえます。初めての海外旅行だと、周りが見えない振る舞いをしまうこともしばしば。
素敵な日本人だと思ってもらえるように、意外なマナーは知っておいた方が無難です。

トイレのドアはノックしない

日本では、トイレのドアをノックして中に人が入っているのか確認しますね。海外ではトイレのドアをノックする行動をしてはいけません!

海外でドアをノックしてしまうと、「早く出てくれ!」という意味合いになってしまいます。相手を怒らせてしまって、トラブルになってはいけませんので注意しましょう。

中に人が入っているかどうか確認する時には、ドアノブをひねるというのがマナーになっています。

子供の掛けた迷惑は子供に謝罪させる

日本人の親は子供が悪いことをした時に「 うちのこどもがどうもすいません 」 といった感じで大人が謝ってしまうケースが多いのではないでしょうか。

海外では、子供の責任は子供に謝罪させるという風習が当たり前です。当然といえば当然なのですが、日本の文化のように思わず親が謝ってしまわないように注意しましょう。

子供に責任をもたせるためにも素敵な文化だと思います。お子様を連れて海外旅行に出かける人はご注意を!

家の中でも土足

これはかなりスタンダードなので、知っている人も多いかと思います。

しかし、初めて海外旅行に行くと意外と知らない人も多いようですね。海外では、日本のように靴をぬいで家の中に上がるということはないので、ホテルの床も結構汚れ ているケースがあります。
もし宿泊施設で靴をぬいですごしたい場合には、スリッパを持って行くと便利です。

敷地内に上がる時に思わず靴を脱ぎそうになってしまわないように気をつけましょう。 不思議な顔をされてしまいますよ。

ビーチでの飲酒はNG

海外旅行に行った時に美しい海を楽しみに行く人も多いことでしょう。
海といえば、バーベキュー やビールはかかせないものですね!

しかし、日本にいる感覚で ビーチでアルコールを飲んでしまうと罰金を課せられてしまう国もあるのです。

案外、アルコールNGのビーチは多いので、事前に必ず確認するようにしましょう。もちろん持ち込み事態が禁止されている場合も ありますから要注意ですよ!