海外旅行お役立ちガイド

海外旅行初心者の為のお役立ちガイド。実際の旅行者が経験した旅行先の事情、海外旅行時の注意点、旅行記などをご紹介。

女性の海外一人旅で気を付けるべき3つのこと

time 2016/12/19

女性の海外一人旅で気を付けるべき3つのこと

以前よりも一人様歓迎の旅行プランやホテルなど増え、一人で海外へ気軽に出かけてしまうアクティブな女性も多いはず。

でも、海外には、そんな女性をターゲットにした危険もたくさん待ち構えています。身を守るために、気を付けるべき3つのポイントを紹介します。

日本人女性の「優しさ」に付け込まれる!

海外で外国人に「コンニチハ」「ドコイクノ?」などと声を掛けられた時、日本人はついつい笑顔を返したり、話に乗ってしまうことが多いもの。

現地の言葉が分からなくて、不安な中で日本語を聞くと思わず嬉しくなってしまうでしょう。

それが落とし穴!

誰にでも優しく丁寧に接する国民性は素晴らしいですが、反応を返すことで「脈アリ」と思われます。

そのあと、ホテルまでしつこく付いて来られたり、強引に観光スポットやお店に連れこまれてしまう危険が大アリです。

ガードは出来るだけ固くし、優しい顔で近づいてくる人ほど疑いましょう。

少しでも危険を感じたら、笑顔を見せずに強い口調で「NO!」と言えるようにしてください。

日本人女性の「露出」が危うい!

海外へ旅する時は、その国の文化や宗教を事前にガイドブックでしっかりチェックしてから、出かけましょう。

たとえば、トルコなどイスラム圏の国に行くなら、胸元や足など肌の露出は控え、長袖・長ズボンでなるべく目立たない服装に徹するのが望ましいです。

つい日本でお出かけするような気持ちで短いスカートを履いてしまうと、想像以上に悪目立ちをします。

それは「誘ってるのかな?」と変な勘違いをされても、おかしくないでしょう。

男性たちの格好の標的にならないよう、自分の意識も変えて服装をチョイスしてくださいね。

日本人女性の「油断」が狙われている!

海外に行くとつい気分が開放的になって、夜のクラブ・レストラン・バーなどに繰り出したくなってしまうもの。

でも、夜はそれこそ危険の宝庫。

店の中だけでなく、帰りのタクシーや夜道など女性の一人歩きは、リスクが高すぎます。

暗くなってからの外出はできるだけ控え、必ずホテルで過ごしましょう。

また、「どこそこのホテルに滞在している」など日中街で声をかけられても、情報は決して教えないこと。

「日本では平気だから」と思っていることが、そのまま通用すると思ったら大間違いですよ。

down

コメントする